2018
1/26
Fri

エコキュートの凍結防止方法

外気温が0℃以下になると保温工事を行っていても給水給湯配管が凍結する事があります。

山梨でも「エコキュート(フルオート)のふろ配管が凍結した」というお客様の事例もありますので凍結防止方法をお知らせします。

入浴後にお湯や水をはったままにする。

入浴後に排水せず、お風呂にお湯を残しておきます。(※ポイントは循環口から10cm以上)

外気温が約3℃より低くなると風呂配管の凍結防止運転を自動で行います。

残り湯がない場合には、水を張ってください。浴槽水を自動で循環する事により、風呂配管の凍結防止運転を行います。

panasonicの動画が分かりやすいので ↓